新着情報やブログ記事などに使える「アーティクル」の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、新人OWLetマスターの西峯なおと申します。今回は、OWLet(アウレット)の代表的な機能の1つ、「アーティクル」について、詳しくお伝えいたします。意外と簡単で便利な高機能なのです!!

アーティクルとは?

 

「アーティクル」は、直訳すると"記事"という意味。OWLetでは、各ページに配置するコンテンツを含むものを言います。

アーティクルは特定のページに属していて、上記画像のような設定項目があります。

例えば、新着情報であったり、ブログ記事であったりと、後からコンテンツを追加していく際に効果を発揮する機能となります。

実際に使ってみよう

実際に、新規作成画面に入稿していく様子をご覧ください!!

 

 

記事を入稿して…

右下のcheck☑を押します。

これだけで登録が完了いたします!!


ただ、この記事を表示するページを作っていないため、

これだけでは、表層のどこにも表示されません。

次に、この記事を表示するために、「ウィジェットパーツ」を作っていきます。

※ウィジェット = 使いまわしのできる「高機能部品」

≪ ウィジェットパーツについて詳しく見る ≫

ただ、このウィジェットパーツはアーティクルで入力された内容を読み込んで表示させるために、変数・関数を使用し制作します。

HTML・CSSはある程度知っている私ですが、ここの部分はちょっと難しいと思っていました。

 

そこで新機能が登場!

 

そこで登場した機能がこちらです。

上記画像に注目してください!

アーティクルの設定画面に、赤枠で囲んだボタンがあります。

(一覧出力用のコードを生成する・詳細出力用のコードを生成する)

このボタンを押すと、アーティクルで入力した内容を出力するためのコードが自動で生成され、クリップボードにコピーされます。

これをウィジェットパーツとして保存して、

ページに配置すると…


 


先ほど入力した内容が無事表示されました。

あとは、HTML・CSSなどを駆使しかっこいい見た目にしていけば、簡単に更新が可能になる立派なWebサイトが完成します!

意外と簡単で便利な「アーティクルの世界」いかがでしたでしょうか。

普段の制作にOWLetが加わると、制作の幅が大きく広がります。

ぜひお試しください♪

OWLetの詳細はこちら
西峯 なお/OEM制作班 フロントエンド・エンジニア

OWLetマスターこと、西峯なおです。日々OWLetでのサイト制作を行っております。今回のアーティクル機能以外にもご紹介したい高機能が沢山あります!次回をお楽しみに~♪

< >

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>