「コンポーネント」という概念とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブサイトを作る方々で、「毎回すべてまっさらな状態から作る」という方は少ないと思います。世の中には、コピーペーストやインストールですぐに使えるフレームワーク、ライブラリが溢れているからです。スピードが命の制作現場では、こういった、再利用可能な情報化が重要視されています。
それに関連して今回、「コンポーネント」という単語について考えてみました。

コンポーネントってなに?

「コンポーネント(component)」は「パーツ(part,parts)」に近い単語で、簡単に翻訳するとどちらも「部品」です。しかし、ひとえに部品と言っても、「コンポーネント」には「単独で成立する部品、構成要素」という意味合いが含まれています。
一方の「パーツ」はより広義な言葉です。コンポーネントもパーツのひとつですし、コンポーネントを構成する部品もパーツです。
ウェブサイトで見ていくと、サイト上の「見出し」「テキスト」などは「パーツ」と呼ぶことができ、それらを組み合わせた「見出し+テキスト」の小さな塊は、「コンポーネント」とも「パーツ」とも呼ぶことができます。

あなたのまわりにも?

さて、あなたが最近見たり作ったりしたウェブサイトにはどんなコンテンツがあったでしょうか。企業の紹介であれば「事業紹介」、イベントの宣伝ならば「主な催し」など、様々あるはずですが、今例に挙げた2つはどちらも「見出し+画像+テキスト」で成り立ちそうではないですか?こういったよく使われるひと塊の見た目(デザイン)、構成(HTML/CSS)を再利用可能な状態で保管することで、単独で成り立つ=コンポーネントの資産ができます。

最初は大変ですが…

コンポーネントが豊富に用意できていれば、制作時の視点は「どうやって組み合わせるか」「どうカスタマイズするか」になり、より良く・早く制作を行うことができるようになります。
資産化をして、快適な制作環境を整えましょう!

!!OWLetでは!!

新機能の「ウィジェット(前身はパーツライブラリ)」で

HTML・CSS・JS・画像・デフォルトテキスト

全てまるごとエクスポート・インポートができちゃいます。

ウィジェットには他にも制作しやすくする機能がたくさん。

気になる方はぜひぜひお問い合わせください♪

ウィジェットについての記事はこちら!

>

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>