OWLet2.0でスポットライトが当たっていない機能たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OWLet2.0では管理画面刷新やページ表示速度の改善、ウィジェット機能等、目玉となるバージョンアップポイントがありますが、そこは他の人の記事にお任せし、スポットライトの当たっていない機能に焦点を当てていきます。

reset.cssの廃止

これまでのOWLetではシステム上reset.cssがデフォルトで読み込まれていましたが、

2.0では廃止されています。

好みのreset.cssを読み込んで使用してください!

JQuery指定

OWLet2.0ではJQueryのバージョンがレイアウトの基本設定から記述出来るようになりました!

レイアウト基本設定

レイアウトにCSS/JSの設定が可能に

OWLet2.0ではレイアウトに対してCSS/JSの設定が可能となりました。

CSS/JS
CSS/JS編集画面

これまではファイル管理にCSSファイルをアップロードしていましたが、レイアウトに直接記述することが出来ます。

メリットとしては、これまで外部ファイルであったCSS/JSを編集・公開した場合、表層側にすぐ反映されていましたが、レイアウトに記載する事で、「編集内容を公開」をクリックしてから表層側に反映されるようになります。

ページ入力項目

レイアウトでページ用の入力項目を定義出来るようになりました。

ページ入力項目

入力項目の定義はアーティクルやウィジェットと変わりません。

ページ入力項目

入力項目は「ページデータ」から入力出来るようになります。

ページデータ

記述方法は

{=@page:hoge=} と変数の前に「page:」が付くだけとなります。

ページ固有の入力項目はページデータで入力項目を定義し、レイアウトにHTMLと変数を記述することで、ページ個別にパーツを設置する必要がなく、ページデータからの入力で完了する事が出来ます。

パーツコピー

カスタムパーツとは別にパーツコピーという機能が実装されます。

新しく追加された赤枠のアイコンをクリックし、コピー名を入力。

パーツコピー
コピー

コピーしたパーツは左カラムの一番上に「クリップボード」に追加されていきます。

クリップボード

パーツ数が多いと「あのパーツどこだっけ・・?」と探すのに時間がかかったり、

「よく使うあのパーツ名なんだっけ・・・?」というような状況も発生するかと思います。

頻繁に使うパーツは分かりやすいコピー名をつけ、クリップボードに追加する事で、よりCMSの利便性が向上します。

また、コピー出来るのは従来のパーツだけでなく、ウィジェットパーツでも可能です。

使用頻度が下がれば「̠⊖」をクリックする事でクリップボードから削除可能です。

いかがでしたか?

スポットライトが当たっていない機能たちにスポットライトを当ててみました。

今回2.0の目玉となる機能のほか、これらの機能を組み合わせる事で、

よりOWLetでのサイト制作の利便性向上、操作性の向上へ繋がります。

 

エンド顧客が使いやすいCMSになっているかどうかは、制作者の作り方によって変わります。

エンド顧客が使いやすい、編集しやすいを第一に、OWLetの機能を理解し超速構築を実現しましょう。

< >

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>