Microsoftが危険!!複数の製品に脆弱性を発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
US-CERTは3月10日(米国時間)、「Microsoft Releases March 2020 Security Updates|CISA」において、複数のマイクロソフト製品に複数の脆弱性があると報告しました。これらの脆弱性を悪用された場合、攻撃されたシステムが乗っ取られてしまう危険があり、直ちにアップデートが必要です。ぜひこちらの記事をご覧ください。

脆弱性が存在する製品

Microsoft Windows

Microsoft Edge (EdgeHTML版)

Microsoft Edge (Chromium版)

ChakraCore

Internet Explorer

Microsoft Exchange Server

Microsoft Office

Microsoft Office Services

Microsoft Office Web Apps

Azure DevOps

Windows Defender

Visual Studio

Open Source Software

Azure

Microsoft Dynamics

 

脆弱性のいくつかは深刻度が緊急(Critical)に分類されているため要注意です。Microsoftは月に1度セキュリティパッチを提供するようになったので、セキュリティ情報を確認するとともに、アップデートすることをお勧めします。

 

※セキュリティ更新プログラム(次回のセキュリティ更新プログラムのリリースは4月15日の予定です。)

http://msrc-blog.microsoft.com/2020/03/10/202003-security-updates/

Windows7は危険?

Windowsの最新バージョンはWindows 10ですが、今でも多くのユーザーがWindows 7を使用しています。

しかしながら、Windows 7は2020年1月14日でサポートが終了しています。セキュリティサポートが終了したプロダクトはサイバー攻撃の対象として悪用されやすくなるので、Windows 7を利用している方は、早急にセキュリティサポートの提供されているオペレーティングシステムへの移行を推奨します。

アップデートの方法

スタートボタン⇒設定(左にある歯車アイコン)⇒更新とセキュリティ

で確認が可能です。

 

WindowsやOfficeなど、ほとんどすべての人を対象にアップデートが行われます。

アップデートはDL量が多く時間がかかることが予測されるため、外出先でのアップデートにはご注意ください。

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

 

引用記事

http://news.mynavi.jp/article/20200312-993720/

 

ITセキュリティ記事一覧

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>