CMSとは?初心者にも分かるCMS知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
普段皆さんが生活するうえで欠かせない存在となっているWEBサイト。
そのWEBサイトを作ろうと思ったら、まずは制作するためのツール、そして更新するためのツールが必要になります。そのツールをすべて自分で揃えるのは大変ですし、諸々の購入費用も高額になりがちです。そこでおすすめなのが「CMS」です。CMSを利用することで、WEBサイト制作から運営・更新まで全て行うことができます。今回は、CMSの基礎知識やメリット・デメリットを調査しました。

CMSってなに??

CMS=Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム) の略称です。


WEBサイトを構成する要素として、文章や画像だけでなく、HTMLやCSSなどの難しいコードもあります。
CMSは、Webページの記述言語であるHTMLやCSSを知らなくても、ホームページを構築して運用管理できる、とても便利なソフトウェアなのです。

CMSを導入することで、WEBページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます。

メリット

・WEBコンテンツの新規作成・更新・運営作業が簡単に!
WEBページの作成から更新までを社内で完結することが可能になるため、スピーディかつ運営が容易になります。

 

・Webサイトに統一感が出る!
CMSを導入すると同じテンプレートでページを増やしていく工程が多くなるため、デザインに統一感が出せ、訪問者に対するユーザビリティも向上します。

 

・CMSでは、複数の担当者でWebサイトの構築・管理ができます
CMSを用いると、様々な面でWebサイトの構築・維持管理といった、Webマネジメントに優れた効果を発揮します。さらに、複数の担当者でWebサイトへの新規コンテンツ登録を行う場合にもCMSは力を発揮します。

・SEOに強い

CMSで制作されたWebサイトのコードは、検索エンジンに好まれる構成がされているため評価されやすいと言われています。

その為、WEBサイトを効率的に検索結果上位へ持っていくことが出来るのです!

デメリット

・基本操作を習得が必要

CMSを構築する人でなくても、自身で運用するために基本操作の習得が必要です。コンテンツ作成などは、難易度が低いのでWEB初心者の方でも覚えることが簡単です。

 

・更新をするもさぼるもあなた次第

スピーディーに反映できることと対比して、その分手をかけることをさぼると一気に古い情報のサイトになってしまいます。

 

・例外的なパーツの作成が難しい

CMSの特徴として、同じテンプレートでページを増やしていく工程が多くなるため、デザインに統一感が出せる。その反対に、例外となるパーツは、WEB素人では難しい場合があります。

 

 

まとめ

企業にとってのWEBサイトは、名刺代わりとしての役割から、今や「企業ブランドの向上」「集客による販売促進」「顧客満足度の向上」など、需要が高まっています。

CMSツールを導入する検討段階で「どのようなホームページを作りたいか? 」「ホームページの目的・役割は何なのか?」「 ホームページをどのように運用していくか?」 を明確にした状態で、CMSツールを選定することをおすすめします。

オリジナルのCMSツールOWLetをもつ私たち、ガーディアンだからこそお手伝いできることもあるかと思います。

CMSツール導入のご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

企業サイトは要注意!WordPressは本当に安全か?

 

≪ OWLetに関するお問い合わせはこちら ≫

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>