ウイルスバスターなどに緊急の脆弱性、アップデートをお急ぎください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報処理推進機構(IPA: Information-technology Promotion Agency, Japan)は3月16日、「トレンドマイクロ株式会社製の製品における複数の脆弱性について(CVE-2020-8467等):IPA 独立行政法人 情報処理推進機構」において、トレンドマイクロの複数のプロダクトに脆弱性が存在すると表明しました。

ウイルスバスターなどの脆弱性に関する情報

脆弱性が存在するとされるプロダクトおよびバージョン

Trend Micro Apex One 2019 CP Critical Patch (ビルド 2117)より前のバージョン

ウイルスバスター コーポレートエディション XG SP1 CP Critical Patch (ビルド 5474)より前のバージョン

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 SP1 Patch (ビルド 2190)より前のバージョン

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5 Critical Patch (ビルド 1525)より前のバージョン

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0 SP3 Critical Patch (ビルド 4417)より前のバージョン

 

脆弱性が修正されたプロダクトおよびバージョンは次の通りです!

Trend Micro Apex One 2019 CP Critical Patch (ビルド 2117)

ウイルスバスター コーポレートエディション XG SP1 CP Critical Patch (ビルド 5474)

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 SP1 Patch (ビルド 2190)

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.5 Critical Patch (ビルド 1525)

ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 9.0 SP3 Critical Patch (ビルド 4417)

 

ウイルスバスター

【注意喚起】Trend Micro Apex One およびウイルスバスター コーポレートエディションの脆弱性(CVE-2020-8467, CVE-2020-8468)を悪用した攻撃を確認したことによる最新修正プログラム適用のお願い

 

ウイルスバスター

【注意喚起】ウイルスバスター ビジネスセキュリティの脆弱性(CVE-2020-8468)を悪用した攻撃を確認したことによる最新修正プログラム適用のお願い

 

脆弱性のいくつかは深刻度が緊急(Critical)に分類されており注意が必要です!IPAはベンダーから提供されている修正プログラムの適用を推奨しています。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

引用:https://news.mynavi.jp/article/20200317-997803/​

ITセキュリティー記事一覧

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>