【注意】Internet Explorerに深刻な脆弱性!別ブラウザへ切替などすぐに対応を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
US-CERTは1月17日(米国時間)、「Microsoft Releases Security Advisory on Internet Explorer Vulnerability|CISA」において、Internet Explorerに緊急に分類される脆弱性が存在していると発表しました。Microsoftからは、この脆弱性を修正するセキュリティパッチは、現在提供されていません。是非こちらの記事をご覧ください。

この脆弱性を悪用されると、遠隔から攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており、注意が必要です。Microsoftはすでにこの脆弱性を突いた攻撃を確認したとしており、ただちに回避策を適用することが望まれています。

 

脆弱性に関する情報は次のページにまとまっています。

ADV200001 | Microsoft Guidance on Scripting Engine Memory Corruption Vulnerability

VU#338824 - Microsoft Internet Explorer Scripting Engine memory corruption vulnerability

 

セキュリティアップデートの対象となるプロダクトは次のとおり。

 

Internet Explorer 10 (Windows Server 2012)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1803 32ビットシステム)

Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1803 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1803 ARM64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1809 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1809 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1809 ARM64ベースシステム)

Internet Explorer 11 (Windows Server 2019)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1909 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1909 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1909 ARM64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1709 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1709 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1709 ARM64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1903 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1903 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1903 ARM64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1607 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 10 Version 1607 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows Server 2016)
Internet Explorer 11 (Windows 7 32ビットシステム Service Pack 1)
Internet Explorer 11 (Windows 7 x64ベースシステム Service Pack 1)
Internet Explorer 11 (Windows 8.1 32ビットシステム)
Internet Explorer 11 (Windows 8.1 x64ベースシステム)
Internet Explorer 11 (Windows RT 8.1)
Internet Explorer 11 (Windows Server 2008 R2 x64ベースシステム Service Pack 1)
Internet Explorer 11 (Windows Server 2012)
Internet Explorer 11 (Windows Server 2012 R2)
Internet Explorer 9 (Windows Server 2008 32ビットシステム Service Pack 2)
Internet Explorer 9 (Windows Server 2008 x64ベースシステム Service Pack 2)

Microsoftからはこの脆弱性を修正するセキュリティパッチは提供されていません。セキュリティパッチが提供されるまでは、Microsoft EdgeやそのほかのWebブラウザを代わりに使うことが推奨されます。

 

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

 

<引用記事>

https://news.mynavi.jp/article/20200121-957122/

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>