アーティクルで文章の文字数制限をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーティクルでは関数を使うことで表層に出力する文章の文字数を制限することが簡単に可能です。

文章の文字数を制限する

アーティクルでは記事の一覧や詳細で文章の出力文字数を制限する事が、関数を使用することによって可能になります。

 

本日は晴天なり。本日は晴天なり。本日は...

 

という事が簡単に実装できます。

アーティクルリスト内での関数の書き方は下記の通りです。

例)

[*ret(strlen(@hoge)?''.mb_strimwidth(@hoge,0,60,'...').'':'')*]

 

hogeの部分には管理画面で設定したコードを入力します。

60は制限するバイト数になります。

60の後にある「...」がバイト数を超えた際に出力される文字列です。

つまり文字数が60バイト超えると、文章が途切れ「...」が出力されます。

 

注意する点としてアーティクルの入力項目を設定する際の文字数制限を行うテキスト入力欄は「複数行テキスト」を選択してください。

リッチテキストを使用するとHTMLタグも文字数制限の対象となります。

トトロ/プロダクト部 フロントエンド・エンジニアチーム

ガーディアンでは生産スケジュールを管理しながら制作を行っています。

チャーハン大好き。

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

那覇よくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>