ブラウザだけで構築が完了するOWLet EC!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ついにOWLet EC機能がリリースされました。
OWLet EC やっべぇぞ!(´Д⊂
今回はコーダー目線でOWLet ECについて簡単に紹介したいと思います。
初めて実案件でのEC機能実装を担当したのですが、作り終えた後、ECすげえ!と大興奮しました。

OWLet ECがすごい理由

OWLetECでの構築を実際に終えて最初に思ったこと

OWLetECでの構築を実際に終えて最初に思ったことは、 「本当にブラウザだけで全て完結してしまった!」という事です。 旧システムでは管理画面・表層の商品一覧・詳細ページを FTPで実際にファイルを開いて編集する必要がありました。 進化したOWLetECではブラウザだけで全ての構築が済んでしまったのです。

本当にブラウザだけで全て完結してしまった!

sample

管理画面、表層の構築が全てブラウザだけで済んでしまうため、

一切プログラムの知識を必要としていません。

実際にプログラム知識が必要な箇所はなく、

初見で構築をしながら、片手間に簡易的な設定マニュアルを作り、

わずか8時間程度で管理画面、表層の構築を終えられてしまったのです。

 

旧システムを知る私からしてみれば、これはとんでもなくやべえ!と興奮せずにはいられませんでした。

OWLet ECを構築するために行う事

今回はOWLetEC機能を使ってショップを構築する為に、最低限を行う事をざっくり解説していきます。

(詳しくはまた別の回にて)

STEP1 ディレクトリ設定

sample

setting→ディレクトリ設定から商品一覧用にディレクトリ設定を行います。

商品一覧ページのURLを/shop/にし登録しましょう。

STEP2 会員設定

sample

setting→会員設定から会員設定を行いましょう。

まず行う事は会員グループの設定です。

 

グループ名:会員グループ名を設定

システムコード:コードを設定

登録ページレイアウト:会員登録時のレイアウトを選択

ページURL:会員ページのURLを設定

ページ名:会員ページ名を設定

 

グループ設定後は会員登録時の入力項目や自動返信メールを設定します。

入力項目はメールアドレス、パスワードが固定で自由に追加する事が出来ます。

また標準プリセットボタンをクリックすると氏名、住所、電話番号、メルマガ受信が一発で設定できます。

STEP3 ショップ設定

sample

setting→ショップ設定からECサイト用の設定を行います。

設定するのは7項目です。

 

・基本設定

・商品種別設定

・商品情報登録項目設定

・送料設定

・会員機能設定

・消費税設定

・メールテンプレート設定

 

各設定の詳しい解説についてはまた別に行いますが、

ここでは商品カテゴリ、商品登録時の入力項目、送料、消費税、ショップ周りの自動返信メール、レイアウト等の基本設定、納品書、Google Analyticsとの連動、ポイント機能 等々の設定を行います。

 

管理画面側の設定は以上です。

この後は実際の商品登録を行います。

STEP4 shop

sample

shop機能がある場合、管理画面ヘッダーメニューに「shop」が表示されます。

shopでは下記が行えます。

 

全ての注文:全ての注文データを一覧表示します。

入金処理:入金の確認が必要な一覧を表示します。

発送処理:発送待ちの一覧を表示します。

商品:商品の登録・編集・削除を行います。

在庫切れ商品:在庫が切れている商品をリストアップします。

オプション設定:商品に設定できるオプションの設定が行えます。

 

ここで商品の登録を行えば管理画面側の設定は一通り完了になります。

STEP5 商品一覧・詳細を構築する

sample

商品一覧・詳細の構築方法はアーティクルと変わりません。

商品一覧はレイアウトに商品一覧用パーツを設置してHTMLを記述します。

商品詳細はレイアウトに商品詳細用パーツを組み合わせて構築を行います。

 

■商品一覧用パーツ

商品一覧:商品一覧を出力します。アーティクルと変わりません。

商品一覧並び替えリンク:商品一覧の並び替え機能を表示します。

 

■商品詳細用パーツ

カートform:商品をカートに入れるボタンを設置するためのformタグを設置します。

カラー・デザイン選択パーツおよびサイズ選択パーツはこのパーツの中に設置してください。

カラー・デザイン選択:管理画面で設定したバリエーションを表示します。

サイズ選択:管理画面で設定したバリエーションを表示します。

オプション選択:管理画面で設定したバリエーションを表示します。

在庫数:在庫数を出力します。

商品画像:管理画面で登録した画像を出力します。

商品画像サムネイル:管理画面で登録した画像を出力します。商品画像と連動します。

 

■会員用

ログイン中表示:ログイン前後のHTMLを記述することで表示を切り替えられます。

 

■通常レイアウト

カートの中身:HTMLと変数を記述することで、カートに入っている商品点数、合計金額を出力します。

まとめ

この他 reportではECレポート機能が追加され、

総売上、売上×CVR、日別売上、月別売上、商品別売上も表示されます。

 

ECの構築は設定項目が増えたアーティクルだと考えてもらえば分かりやすいです。

OWLet ECはプログラム知識は一切必要なく、WEBデザイナーがブラウザ上だけで全ての作業が完結します。

 

今回はざっくりとEC機能について説明してきましたが、

次回はより深く掘り下げてEC機能について解説していきます。

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

那覇よくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>