制作効率からみるWordPressとOWLetの比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WordPressを主力として活用しホームページ制作を行っているWEB制作会社23社に聞いてみました。
後に、この23社は、WordPressからOWLetへ移行意志を示されたことは言うまでもありません。

WordPressとOWLet構築工数比較

sample

※調査対象仕様

オリジナルオーダーメイドデザイン、15ページ、問合せフォーム1基、

お客様の声(一覧ページ⇔詳細ページ動的連動)、レスポンシブ・ウェブ・デザイン仕様

構築したサイト

sample

1. トップページ(オリジナルオーダーメイドデザイン)

2. サービス案内

3. サービスプランA

4. サービスプランB

5. サービスプランC

6. サービスの強み

7. 業者一覧

8. お客様の声

9. お客様の声詳細

10. FAQ

11. 特典ページ

12. お問い合わせフォーム(オリジナルで可変可能な問合せフォーム)

13. 会社情報

14. 個人情報保護方針

15. サイトマップ

 

23社のWordPressのプロたちの回答をまとめると、上記仕様のサイト構築にかかる工数は、

69時間となりました。この工数は、デザイン完成後における構築工数を指します。

一方、OWLet(アウレット)は、弊社フロントエンド・エンジニアに動画で記録させながら構築させ、

13時間という驚異的な超速構築でOWLetの圧倒的な生産効率を証明してみせたのです。

WEB業界の価格相場

sample

残業が半ば当たり前のWEB制作業界ではありますが、労働基準法に準拠して計算してみました。

1年間の稼働日数は264日=2112時間。1ヶ月の稼働日数は22日=176時間。1日の稼働時間は8時間。

これに60~80万円と言われる業界相場から人月80万円を基準として、工数単価を算出してみました。

その結果は、下記の通りです。

 

1日=8時間=3万6364円

1時間=4546円

sample

この結果を元に、WEBデザイナーの給料を推定算出してみましょう。WEB制作業界の慣例である3倍ルールを逆算してみると、1時間=4546円の制作工数単価のWEBデザイナーは、月給26万6699円ということになります。14カ月分を掛け合わせると、推定年収373万円となります。

WEBデザイナーの平均給与以上の金額となりますが、やはり安月給であることは否めません。

私たちは、一社でも多くのWEB制作会社にOWLetを導入していただき、より良いサイトをより速く作っていただき、多くのWEBデザイナーの方々の給料がアップすることを望んでやみません。

(画像抜粋:DODA調べ)

WordPress69時間とOWLet13時間が生み出す衝撃的な差

sample

Time is Money!!

誰もが知るこの名言の通り、時間は価値そのものです。WordPressのプロたちが69時間かけて仕上げるホームページは、まったく同じ仕様でOWLetなら13時間でWEBデザイナーがブラウザ操作するだけ構築を完了してしまいます。

 

この時間(価値)の差を、年間の総制作量に換算すると、【WordPress=30.6サイト】に対し、【OWLet=162.5サイト】となります。実に5.3倍の生産性の大差を生み出します。理論上の計算ではありますが、今まで5.3人で制作していた仕事量を、たった1人でこなせることになります。

 

経 営者が、この差を人件費の削減に活用されるのか、売上増大に活用されるのか、それとも収益性向上に活用されるのかは、経営者手腕の見せ所だと思います。い ずれにせよ、OWLetの導入利用は、WEB制作会社にとって、リスクを最小限に抑え、メリットを最大限にするという、大変革を巻き起こすことになるで しょう。

WordPressとOWLetにおける決定的な収益性の差

sample

ここまでは、『構築速度の差』、『制作量の差』を見てきましたが、ここからは、WEB制作会社の経営者なら誰もが気になる『収益性の差』を見ていきましょう。

上の図にご注目ください。WordPressとOWLetを同じ料金体系に合わせて比較してみました。前述のデータで示したように、年間の制作量は、【WordPress=30.6サイト】【OWLet=162.5サイト】となります。これに人月80万円相当分の料金を掛け合わせると制作収益の合計が算出されることになります。

WordPress:約960万円

OWLet:約5097万円

同じWEBデザイナーが、今までと同じ業務、同じ勤務時間という同一条件下において、ただOWLetでWEB構築するだけで、年間4137万円の収益格差が 生まれてしまうのです。これでOWLetが飛躍的な生産性を生み出すことをご理解いただけたかと思います。これはたった一人のWEBデザイナーでの差で す。複数人のWEBデザイナーを雇用されているWEB制作会社においては、この収益格差は、倍々則で驚愕の大差へと広がり続けることになります。

WordPressとOWLetの組織体における収益の差

sample

こちらが、組織体における収益大差を示した図です。WEBデザイナー10名体制を組まれているWEB制作会社においては、年間で4億1370万円もの大差がWordPressとOWLetの間で生じます。OWLetの導入は、そこにWEBデザイナーがいる限り、会社規模の大小に関わらず、大きな収益差を生み出します。

WordPressとOWLet収益差をWEBデザイナーの昇給に当てた場合

sample

WordPressとOWLetの収益性の差を人月換算してみましょう。上図のように、WordPressでの構築を人月80万円と設定した場合、OWLetの人月価値は、約425万円/月となります。理論上、まずWEB制作業界では有り得ないほど高い価値となってしまいますが、経営者様がその気になれば、WEBデザイナーの給与を今の5.3倍にしても、会社の収益性は現状をキープできることになります。

 

このようにOWLetの導入利用は、あらゆる方向でWEB制作会社の経営を支援するものとなり得ます。WordPressもそのシェアが示す通り、非常に優秀なBLOG型CMSではありますが、最新テクノロジー&マーケティングを駆使し、【オーサリングツール×CMS×EC×解析ツール】を高次元で見事にバランスさせた≪ブラウザ完結型WEBビジュアルオーサリングシステム『OWLet』(アウレット)≫も遜色ない、もしくはWordPressを凌駕するシステムであると自負しております。

私たちのWEB制作業界は、いずれアジア諸国の安い制作費、もしくはクライアント側のインハウス化の流れに真っ向から対抗せざるを得ない時代となります。OWLetの開発ビジョンは、中国・ベトナム・タイなどのアジア諸国よりも安く・早く構築し、品質と性能は【Made in JAPAN】を誇ることです。OWLetで強くて新しいWEB制作業界を築き上げたい。僕らガーディアンは、そんな想いで、このOWLetの普及に邁進していきます。

 

OWLetを一度ご検討してみて下さい。

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

那覇よくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>