OWLetProを学ぶことによって

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データベースと接続するには、データを上書きするには、それらをアウトプットするには、などどんなフレームワークにも覚えるべき作法がお約束としてあります。

OWLetProを習熟するとは

覚えるべきお約束

多くのフレームワークは、そのお約束で一冊の本が出来てしまうほど多くの覚えるべき事が存在します。 新しい言語やフレームワークを使う場合。やりたいことを実現するために必要な処理を考えて、それに対応する書き方を調べる。その作業の繰り返しで、開発が進んでいきます。 そのためプログラマの作業効率とは、的確な書き方を素早く見つけ出す能力や暗記しておく能力に大きく影響を受けています。

生産性の差

ほんの1行のコードを書くために、ある人はインターネットや書籍を開いて検索をするところから始めるのに、あるひとはただタイピングをするだけで終えてしまう。

さらに、優れたプログラマほど実現すべき事に対してトラブルが少なくかつ短いコードを書きます。

生産性の低いプログラマが1行1行調べながら100行書いている間に、生産性の高いプログラマはひたすらタイピングをして簡潔に50行で同じ事を実現してしまう。

たとえ、ミスが同じ確率で発生していたとしても、見慣れないコードの動きを改めて調べつつ修正するのと、簡潔に書かれた見知ったコードを修正するのでは、圧倒的な差が生まれます。

たとえばこういったことのために、プログラミングは他業種では考えられないほどの個人差が生産性に生まれてしまうのです。

暗記からの解放、発想への集中

ある言語やフレームワークに対して、作法やお約束ごとへの知識が乏しいとき。

それらを調べなければならない、期待している物があるのか分からないしそもそもに何を期待して良いのかすらよく分からない、結果としてできあがった物がはたしてそれで良いのか自信が持てない。

プログラマとしての経験が浅ければ浅いほど、そういった雑念が大きくなり生産性を落とす要因となります。

また、OWLetPro環境は、覚えるべき作法やお約束が非常に少なく簡潔に出来ています。そのため、プログラムレベル・テンプレートレベルで仕様やデザインへの制約がほとんどありません。

OWLetProを使うということ

sample

OWLetProは習熟のハードルの一つとなる、作法やお約束ごとといった暗記しなければならないことが少なく。そのため、どのように使いこなしていくかという一つ高度なプログラムの学習段階に、比較的早く到達できます。

OWLetProを習熟するとは、フレームワークに関する知識を増やすことでは無くプログラの使い方や考え方を習得するということです。

また、OWLetProは制約条件が非常に少ないため、仕様やデザインの最適解を追求できるようになります。

さらに、OWLetProではたとえばデータベース設計などの作業を大幅に短縮できるなど、構築にかかる工数を短縮できます。

よ り自由により早くモノづくりが出来るという環境は、OWLetProにのみならずプログラミングに対する習熟の機会を増やします。また、やってみたいと 思ったことやもしかしたら上手くいくかもしれないことを実際にやってみる。トライアンドエラーの機会が増えることにより、よりよいモノを追求できる環境が OWLetProです。

<

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

全国セミナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>