【注意】Microsoft Internet Explorerの脆弱性に関するセキュリティ更新プログラムが公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoftは米国時間9月23日、マイクロソフトから Microsoft Internet Explorerの脆弱性 (CVE-2019-1367) に関するセキュリティ更新プログラムが公開されました。本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれているため是非こちらの記事をご覧ください。

マイクロソフトでは定例外でアップデートをリリースするとともに、「JScript.dll」へのアクセスを制限する緩和策をアナウンスを行いました。

アップデートを受け、米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)など関連機関も注意喚起を開始しています。

脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行される恐れがあります。

マイクロソフトによると、本脆弱性の悪用を確認しているとのことです。

 

脆弱性の詳細は、次の URL を参照してください。

https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance/advisory/CVE-2019-1367#ID0EGB

 

当脆弱性を悪用したWebサイトへのアクセスした場合に、攻撃を受ける可能性があるため、当ページの案内に従ってソフトウェアの更新を行う事を推奨します。

 

 

< >

OWLet DEMOサイト利用状況

今、利用中のDEMOサイト数

site/
analyzer

OWLet イベントTOPIX

OWLetに関する旬のイベント情報をお届け!

EXPOバナーよくある御質問OWLetの改修要望募集WordPressの脆弱性≪ 既存サイトを撃退するひっくり返し営業法 ≫OWLetイベント情報はコチラ

【注目】OWLet動画

OWLet おもしろコンテンツ

OWLet無料相談センター

今なら無料で専門家がアドバイスします
OWLetでお悩みのことがあれば、OWLet
無料相談センターにご相談してみませんか?

今すぐ相談する

0120-307-555
受付時間 10:00~18:00 (月~金)

参考になった記事のランキング

【新着】OWLet製WEBサイト実績

OWLet製WEBサイト実績一覧へ>